いかるが和々塾(にこにこじゅく)

「聖徳太子」 学 講座

21世紀スタートの年、平成13年4月に”21世紀は聖徳太子に学ぼう”をメインテーマに掲げ、朝日カルチャーセンターの協力を得て「いかるが和々(にこにこ)塾」を開塾いたしました。


一流の講師陣によるクオリティの高い「聖徳太子学」連続講座です。過去15年間で88講座を民間の力のみで開講、聖徳太子の和の精神(こころ)を太子のお膝元、いかるがから発信しています。


  いかるが和々塾は、いつもニコニコと心身癒される会でありたいと願っています。

平成28年度は、和々塾を開塾してより16年目になります。厚くお礼を申し上げます。

『 いかるが和々塾 』は6か月連続で「聖徳太子学」を学ぶ講座です

  • 主 催 : NPO法人 斑鳩文化協議会
  • 後 援 : 斑鳩町 斑鳩町教育委員会 奈良県 奈良県教育委員会歴史街道推進協議会 朝日新聞奈良総局
          奈良新聞  奈良テレビ放送 ㈱ 朝日カルチャーセンター
  • 日 程 : 4月~7月 第一日曜日 8・9・10月は平日
  • 会 場 : いかるがホール(大ホール 729名収容)
  • 受講費 : 全7講座受講費 4,000円 (単月受講は1講座1,500円)

平成27年度 いかるが和々塾 各月の出席者数は、以下の通りでした。

出席者数
4月414名   
5月398名
6月389名
7月396名
8月362名
9月358名
合計2317名
月平均386名
講座会場

『いかるが和々(にこにこ)塾』 命名の由来

聖徳太子の『十七条憲法』の第一条「以和為貴(わをもってとうとしとなす)」という「和の精神から選びました。

 

「和」という漢字は、「龢」 ⇒ 「咊」 ⇒ 「和」 と変化したと考えられています。

広辞苑では、①仲よくすること。 「-を結ぶ」 ②二つ以上の数・式などを加えて得た値。 「-を求める」

③大和国の意。日本の倭、日本製、日本風、日本語など。

 

そして、「 にこ 」 と引きますと  「 和 ・ 柔 = おだやかに笑うさま 」  とでてきます。『和々塾』は「にこにこじゅく」と読み、「にこにこと笑顔でみんなが仲よくする」ことを願ってつけられました。

CONTENTS

レンタルギャラリー
写真ギャラリー
カフェ鵤楽舎

ページトップへ
PAGE TOP